SNS2017/07/11 08:51

facebookは嫌いなのに見てしまう。彼らがレストランで何を食べたかを知りたいわけでもないのに。興味があるのだろうか?彼らの自慢気な画像に感心しているのだろうか。
 高いワインのボトルも腹が立つ。なんで若い身空でこんなのが飲めるのかと不思議だ。旅も「いい気なもんだ」とフンと言ってしまいそう。羨ましいのかな。それほどでもないけれど。家にいるのが一番。ジャズを聞いているのが一番。でも、たまには「飽きたな」と言ってしまう。だって24時間自由人なんだもの。だから、こうやってブログにも手を染めるのだろう。
 画像はふきのとう文庫の理事長の旧宅。昭和のものだろう。塗り直しているが、誰も住んでいるわけでもない。こんなものが懐かしい。ただそれだけ。

アコースティック・ウエザーリポート2017/06/26 20:25

 クリア・マコト率いる日本人ピアノトリオが繰り広げるウエザーリポートの音楽。変な感じだなぁ。ウエザーがアコースティックなんて。あまり意味がないように聞こえる。午後8時を回って起きていられるのは、このアルバムをMDにダビングしているから。もろ、録音時間と同じ時間が取られる昔ながらのコピー。iPodに入れるのなら10分とかからないのに。わざわざ昔っぽいことをやっている。スーパーオーディオなのに安っぽいDVDプレイヤーで再生しているのも可笑しいけれど、成り行きです。

誰が見ているか2017/06/25 19:37

 午後9時が就寝の定刻となっている昨今。あっという間にその時間だがそれでも余す時間帯がある。日記をさらに書くことも「なんだかなぁ」と思うから、PCに向かっても二の足を踏む。そこで、これだ。このブログはほとんど誰も読んでいないから丁度いい「はけ口」だ。
 画像もどんな大きさでも対応できるし、外国に行ったときのレポートにはもってこいだ。今までは、大きな画像を取り込めなかったり、iPadでは無理だったりしていのだ。文章だけ入れて、帰国後、写真を挿入するという面倒なことをしていた。
 今は無敵なのに、一人で旅行に行くことが難しい状態になっている。問題は財源だ。行って行けないこともないのだけれど、そのお金があったら、もっと有効に他のことに使ったらと思っている相方がいる。そりゃ、そうなんだけれど。
 海老蔵の奥さんが亡くなって世間ではいろいろな話が出ているが、生きているうちにやりたかったことも多いだろう。有名人でお金があって、幸せそうだった人でも、何もできずに死んでいったようなものだ。
 麻央さんの年から30年以上生きている私は、それだけで幸せな人と言っていい。これからはどうか?
 母親は、12月で93になるが、姉は92歳と半年で亡くなった。もう数日でその記録を抜き、親族の中では一番の長生きになる。それをどれだけでもいいから更新してほしい。最近、とみに食が細くなっていて、母親の好きそうなものを選んでいるが、なかなか食べない。もっと食べてもらいたいのが子どもの気持ちだ。
 今日の画像はOne Worldの入り口だ。ここは来月行く人に勧めなくては。

運動会2017/06/24 12:23

何十年ぶりの運動会。幼稚園は30年くらい前の話。父兄は力入っているなぁ。でも小雨で早く終わったみたい。私は途中でグルービーでお茶。そこまで30分以上も歩いた。体にいいな。娘たちに貰ったTシャツのジャズアルバムと同じものをかけて貰った。

新PCから2017/06/21 08:51

 ウィンドウズ10の新しい機能として、ノートブックが追加された。これは使えそうだなと思っている。メモにもいいかな。これをブログにベタ張りした。今まで数字は半角で使っていたが、これからは全角にしよう。読んでいる人には関係ないか。こちらは日記よりも見る人が少ないから本音が書けるかな。
 
 毎日、残った預金のことを考えている。一体、いつまで持つのだろうかと。あまり考えすぎてもいけないが、考えなくてもダメだ。とりあえず5年くらいは楽しく暮らしていけそうだけれど、それ以降は?と考えることもある。周りの人たちの大変さを考えると、恵まれていると思っているが、減っていくのが目に見えるのも辛い。5年前の半額になっているのは、私だけが使った訳ではなく、諸々の経費。だから、後5年でなくなるとは思っていないし、更なる節約で10年は安泰かなとも考える。

こちらでいいかな?2017/06/16 08:49

 久々、PCを買った。そちらの調整のために練習で使っている。毎日書いているネットだけれど、このブログだけで十分だとも思っているので、今度は、これに一本化しようか。難点は保存ができないということ。2004年から書いているけれど、それを保存している。それが何になるのかはわからないし、活用するとも思えない。
 以前に集めていた記念切手、週刊漫画本、カセットテープなども結局、捨ててしまった。この日記も何もならずに終わっていくかもしれない。永井荷風、古川ロッパなどの日記は残っているが、それと同列には当然なるわけもない。
 このブログは大きな画像をいれることができなかったけれど、今は改善されたようだからそれができたなら、ここに居座ろうか。そのために、ジャズのジャケットを気まぐれに入れた。

久々2017/05/31 19:35

 このブログは使いやすいのだが、大きい画像が拒否されるから、それを縮小する必要がある。そこが面倒だからあまり使えない。更新しないから誰も見にこない。悪循環だ。少し、ここに何か書くことにするか。
 昼から、CDプレイヤーの移動で3時間くらいかかった。その完成図を入れたい。でも今から写真を撮りにいくのも疲れる。そんな愚痴を聞きたくもないだろう。立て直しには時間がかかるが、デジカメのサイズを小さくすると画像が無敵になるか?やってみよう。

 おや、画像がすんなり入るぞ。「アサブロ」も使いやすくなったか?この牛はニューヨークの街にオブジェとしてあった年のもののレプリカ。また、NYに行くぞ。そしてこのブログを充実させたい。

wordから2017/04/09 07:17

4/6
今日からiPadでwordが使える。こうなると旅行の時のメモ書きが楽になるが、肝心の旅行にいつ行けるか。東京くらいは大丈夫か。テレビを見ながら打っている。
でもどんどんiPadが重くなっているのか。そしてiCloudではなく、マイクロソフトのどこかにセーブされている。
4/7
居間で書ける日記はいい感じである。Wordを使えることが嬉しい。しかし、ネット接続しなければな書けないのだろう。
下の部屋でジャズを聞いている午前9時。寝ころびながら打っている姿はロッパに似てきたぞ。ここからはゴシックにしたいのにフォントが変えられない。まぁ、いいか。イヤ、直ったようだな。これは快適。
4/8
奥さんが私のアカウントからamazonで買い物しているのが気にくわない。自分のアカウントを作ればいいのに。そのことを言わない私は何だろう。
マッコイ・タイナーとマイケル・ブレッカーのアルバム”Infinity”を聞きながら改めて感心しているこんなに良かったのかなぁ。オーディオのこともあるけれど、凄いメンバーでの演奏だ。
マッコイのソロピアノでブルースが流れる。今まで、ピアノの音に悩んでいたのが嘘のようにしっかりしたいい音になっている。真空管アンプも長い間使っていなかったらダメなものなのだろう。1人ジャズ喫茶は、娘が使っていたベッドを搬出し、座り心地のいい椅子が入ったなら完成する。そうしたら人を呼んで
披露しよう。
急に停電。どうしたんだろう。我が家のブレイカーが数年ぶりに落ちたかとは思ったが、強風で何かが起こったみたいだ。
4/9
wordで日記。このまま続けられるのかな。これをブログに載せられたらいいのに。

唐突に終わるのもなぁ2016/12/11 22:55

 札幌に帰ったからには、PCに向かって日記を書くことが一番簡単だから、またそちらになる。しかし、これを読んでいてくれた人もいて、「なんだい、挨拶もなしか」と思われないとも限らない。
 と、いうより午後11時になり暇なのである。奥さんは、清水ミチコのライブに行って、その後、娘が働いている「おたこさん」というたこ焼きバーに流れたのであろう。いまだ帰還せず。それは問題ではないけれど。
 私と言えば、NYで聞いてきたミュージシャンのアルバムを復習している。こちらからは画像も入れられるぞと、セントラルパークから見たプラザホテルを載せた。多分、フィニアス・ニューボーンのジャケット写真はこの池からプラザをバックに撮ったものだったはず。これから調べてみる。
 午後11時ともなれば、NYではナイトキャップをいっていたが、さすが札幌でそれを習慣にしてはいけないと慎んでいる。
 明日は月曜だから、普通の生活に戻ろうと思うが、普通が普通でないから、面白い。そして、12月は宴会シーズンで、現役の時は15回くらい宴会が入っていた。そういう意味では健全になったなぁ。これからせいぜい5、6回だろう。
 NYから戻ってきて初めて未練が出てきた。つぶさに見てこれなかった場所などを残念に思ってしまった。ただ見たというだけのことにしたいとは、馬鹿みたいだけれど、寄ってこれなかった古くからの友人のような気持になってしまったのだ。仕方ないからハイボールを1杯作りながら、アイク・ケベックの"Soul Samba"という夜にはピッタリのアルバムを流しながら奥さんを待つことにする。

ホテル2016/12/08 16:53

今回のホテルは意外に良かった。クラブ・クオーター・ホテルという。ビジネスホテルに毛が生えたようなものだと思っていたが、行き届いたサービスとファシリティで値段通りであった。税込だと1泊3万円強だ。ニューヨークは都市税がべらぼうに高い。そのおかげで人をたくさん雇って街を心地よく整備しているのだろう。ベッドもほぼ真四角なくらい大きい。部屋も広い。ただ、浴槽がない。これは織り込み済みでシャワーだけで何の問題にもなってない。風呂嫌いだからなぁ。後は、そろそろアメリカもウォッシュレットになってもらいたいってことくらいかな。
ロビーには無料のソーダ系飲み物と朝は軽食も置いてある。果物まである。炭酸のピッチャーもあるから部屋でハイボールも飲めた。
ようやく午前3時になりシャワーを使って身支度をする時になった。ニットのセーターが3枚。南米のおばさんからフリーマーケットで買った。スーツケースに詰めて入るだろうか。重いもの、大きなものは買えない。今回もお土産らしいものが少ない。いつもそこそこなものを呉れる弟に何か買わなくてはと思っていたがそれもない。空港でウィスキーでも買おうか。あそこまで行けば、機内に持ち込むだけで苦労は少ない。でも、酒を買って帰るなんて気恥ずかしい。そこはアメリカ人に倣って、個人主義を貫けばいいか。
中身の濃い旅になった。こんなジャズ三昧なこともなかった。7軒を回ったが、安い店もあった。安くても音楽は優良で、ここに住んでいたならそちらばかり行くだろう。英語も1ヶ月暮らしたらそれなりになると思う。それなりのブロウクン英語で、現地人的な汚さかも知れないが。テレビは耳の不自由な人のために英語の字幕が出る。同時通訳みたいにちょっと遅れるのであまり参考にならないけれど、これでもヒヤリングの勉強になる。